はにかみ負けず嫌い弁護士のゴルフ界実見聞録/'Never give up' Lowyer and Golf Jarnalist

週刊ゴルフダイジェスト

  • HOME »
  • 週刊ゴルフダイジェスト

( 以下全て他WebへのLINKです。)

週刊ゴルフダイジェスト「バック9(ナイン)」一覧
※古い順から掲載
back3◆清川CC ◆浜野GC ◆木更津GC ◆南総CC
◆ディアーパークGC ◆秋津原GC ◆東ノ宮CC ◆太平洋GC

✒2002/3/5号 当面据置期間延長”“過激な民事再生” その中間を行く“永久債”への転換の可能性–

✒2002/4/30号 4月施行の中間法人第一号はゴルフ場、 償還対策&クラブへの意識の高まりに期待—週刊ゴルフダイジェスト

✒2002/10/_1号 岐阜美山CCが提案した中間法人設立方式は 預託金償還対策の新たな解決策となるか?

✒2002/11/_5号 高裁で初の預託金据置期間延長容認判決 ただし「5年間、1回限り」が決め手

✒2002/10/29号 入会せずゴルフ場に預託金返還を請求する “償還ビジネス”を違法とする判決相次ぐ

✒2004/_6/15号 岐阜美山CCで預託金返還訴訟起こした 会員を、詐害性アリと中間法人が反訴—

✒2005/_6/28号 再生計画決定後、スポンサーが逃げ出した 営業停止中の湯ケ嶋高原Cに新たな動き—

✒2005/12/27号 ゴルフ場倒産を契機に「プレー会員権」が増加 預託金会員権の併用含め120コースを超える—

✒2006/_5/_2号 NSAJ(栃木)の民事再生に一部会員が異議 30万円の拠出金と事業計画案で執行部と対立—

✒2007/_1/_9号 12月に名門が破綻。まだまだ増えるか? 07年法的整理ゴルフ場の行方—

✒2007/11/_6号 1年たったら帳消し? いまなぜ 成田GC民事再生申請の謎—

成田GC

✒2008/_4/_8号 GS(ゴールドマンサックス)主導の再建案に 会員が異議申立の成田GCでGSの再生案が勝利—

✒2009/10/20号「再生」と「更生」でもめていた東千葉CC 結局決めたのは会員の“意思”だった—

flag清川CC
✒2002/1/8号民事再生法申請のゴルフ場が続々 再編のカギ握るRCCと外資の出方—

✒2002/_5/_7号 伝家の宝刀!? のはずだった民事再生法 債権者集会で否決される初のケース出現

✒2002/_5/21号 民事再生法、施行2年間で申請は85コース RCCの出方次第では今年さらに急増の予想

✒2002/_6/11号 会社更生法に一本化した清川CCだが、今度は 外資と会員組織とが独自更正計画案で対立

✒2002/_7/_9号 昨年10月に買収したばかりの桂ヶ丘CCを 早くも売りに出すローンスターの思惑

✒2003/_4/_1号 法的整理申請後に中間法人方式導入の ゴルフ場続々、再生方法の主流となるか

✒2003/_4/15号 経営破綻後、会員がゴルフ場取り戻す動き増 清川CCでは会員が買い取る更正計画案可決

✒2004/_1/27号 民事再生中のレインボーヒルズGCでは 最近増えてきた“会員による自主再建“

✒2004/_5/25号 民事再生中の北山CCで会員独自の再建案 出資金募り中間法人活用し、買取り目指す—

✒2004/_6/_1号 会社更生中の伏尾GC、外資参入を嫌う 会員の反発でスポンサーが国内企業に変更—

✒2004/_6/_8号 会員によるゴルフ場買取りの動き広まる 破産の岩瀬桜川CCでも会員が落札に意欲—

✒2005/10/11号「文壇コース」として知られる霞台CC 倒産&再生計画は依然ゴタゴタ続き—

✒2007/_7/_3号 会員本位の運営で知られる清川CCで 理事総入れ替え。何が起きた?—

✒2010/_8/10号市内唯一のゴルフ場を守れ! 潰れたコースを市民が買い取り—

flag浜野GC

浜野GC

✒2002/_8/_6号 外資GS傘下で和議再建中の日東興業が 「債務超過解消狙い」民事再生法を申請—

✒2003/_3/_4号 日東興業グループ11社の民事再生が認可 浜野GCだけは手続き廃止→会社更正法へ—

✒2003/_6/_3号 日東興業系ゴルフ場を手始めに国内最大の 運営会社となるアコーディア・ゴルフとは?—

✒2003/_6/_3号 会員組織が申し立てた会社更正に対抗し 阿見GCの会社側が直後に民事再生を申請—

✒2003/_9/_2号 緑営グループが民事再生申請、スポンサーは またもや外資のGS、これで約80カ所傘下に—

✒2004/11/16号 経営と会員サイドが真っ向対立していた 浜野GC根抵当権問題に取消の異例判決—

✒2005/11/29号 最高裁判決で「担保のないゴルフ場」に再生 会員による自主運営を勝ち取った浜野GC—

✒2005/12/13号 東京国際CCの再建計画でLSが独自案を提出 会員&管財人は反発、行方は裁判所の判断に—

✒2006/_3/14号 自主再建中の浜野GC、管財人が更生案提示 「株主」&「預託金」会員権の併用に向かう—

✒2006/_5/23号 浜野GCが会員主導の「株主会員制」で再建へ 預託金83パーセントカット、35万円の新株2株発行—
flag木更津GC
✒2003/2/11号 木更津GCを経営する日経新聞系列の会社が ゴルフ場所有会社の破産を申立て会員動揺—

✒2004/1/27号 異例! 木更津GCを経営する日経新聞系子会社と コース所有会社がお互いに会社更生法申請—

✒2004/4/13号 所有会社と経営会社が互いに会社更生申請 日経系列の木更津GC、両社に開始手続き—

木更津GC

✒2004/12/7号 日経新聞が手放した木更津GCが 突然外資系に移るまでの裏事情—

✒2005/5/10号 ゴルフ場保有ランキングで分かった 2大外資と国内勢の新たな「勢力図」—

✒2005/10/4号 会員が新たな中間法人案を出した木更津GC 管財人のGSスポンサー案と真っ向対立—

✒2005/11/22号GSスポンサー案に会員が反対した木更津GC 中間法人による自主再建プランでやっと決着—

✒2006/_3/7号 自主再建コースとしてスタートした木更津GC 会員対象の募集に3倍の応募、3月名変再開へ—

flag南総CC
✒2007/_2/_6号 知らぬは会員ばかり。ハガキ1枚で 経営交代を告げた南総CCのお家の事情—

✒2008/_2/19号 ゴールドマンサックス、ゴルフから撤退!? 巷の噂の真偽を追った—

✒2008/10/14号 米金融危機勃発。 日本の外資系ゴルフ場は大丈夫?—
/a>
✒2008/12/23号 会員権相場低迷のこの時期 高額会員権「買い」が増加の怪—

flagディアーパークGC
✒2010/7/27号 会員主体の運営が奏功 1人1万円の配当金を出したゴルフ場—

flag秋津原GC
✒2007/11/13号 倒産しても安全な新株主制で話題集めたゴルフ場が いまや会社側と会員の争いに—

flag東の宮CC
✒2006/10/24号 内紛続きの上、民事再生を願った経営陣に 会員が更正法の鉄槌下した東ノ宮CC—

flag太平洋GC
✒2013/_2/_5号 今度はファンド登場で新局面。PGMのアコーディア株TOB 結局、不成立に終わる—

✒2013/_1/22号 アコーディアvsPGMの激闘2012年。 TOBで経営統合なるか—

✒2012/12/25号 アコーディアがPGMのTOBに反対も 株主の心、動かず—

✒2012/12/04号 2位PGMがアコーディア株をTOB 合計300近いコースはどうなる?—

✒2012/10/23号 アコーディアがスポンサーの太平洋の再生案否決。会社更生法申請へ—

太平洋クラブ

✒2012/09/04号 アコーディアをスポンサーとする 太平洋C再生計画案説明会が騒然—

✒2012/07/24号 太平洋が民事再生計画案提出。 正会員への弁済は7パーセント—

✒2012/06/12号 アコーディア社長引責辞任も収拾つかず。 委任状争奪戦へ—

2012/05/29号 いったい何が起こっている? これからどうなる? アコーディアVSPGM—

✒2012/02/14号 太平洋クラブが民事再生を申請。 ,がスポンサーに—

お気軽にお問い合わせください 。 TEL 03-5511-4400(事務所 代表) 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.